第二次世界大戦時、日本には特攻隊という行きの燃料だけを積んだ飛行機で敵空母に突撃するという話をテレビなどで聞いたことがありますか。

テレビでの映像を見る限り、多くのパイロットが首にマフラーを巻いて、出撃するシーンがあり、なぜマフラーを巻くのか不思議に思う人がいるかもしれません。

大きな理由は2つあります。1つは当時の戦闘機には防風ガラスが取り付けてなく、地上よりも10度ほど低い気温下で戦わなければならなず、体を温める為に、マフラーをつけていたのです。

また海軍パイロットの場合、サメ対策に使用されていたのももう一つの理由です。もし海に墜落した場合、マフラーをふんどしに巻くことで事実上、人はサメより長く海面に漂う事になります。サメは自分より大きな動物を襲わない性質からマフラーはサメに食べられないようにするための装備品でもあったのです。

大井町のホルモン屋といえば
亀戸ホルモン カメイドホルモン – 亀戸/ホルモン [食べログ]

Leave a Reply